• ラッピングされた路線バスの広告効果

    近年、広告スペースだけでなく、車両全体にラッピングがされた路線バスを見ることが多くなってきました。路面の看板などと同様、媒体としてそれほどお金のかかるものではありませんが、特に地域を限定した広告として大きな効果を得ています。


    これだけでバスの広告をイメージする人も多いのではないでしょうか?ラッピングされた路線バスは決まったコースを一日に何度も、あるいは何十回も往復します。


    走行中には歩道を歩く人、隣に停車した車など、非常に多くの人たちの目に留まります。

    もちろん交通事故を防止するために路線バスは多くの人に見られますが、そこに広告が入ることで社名や紹介するサービスが何度も見られるわけです。

    魅力的な路線バスのラッピング情報が絶対見つかります。

    バスの近くにいる人の中には、広告になっているサービスを利用したいと思う方が多くいます。

    いつも決まった時間に同じ場所を歩いている人には毎日その広告を見せることになり、記憶に残ります。



    広告をふと思い出した時に、それがサービスを利用するきっかけになることも多いでしょう。



    ラッピング車両は新聞広告やネット広告のように日本中の方々に見て貰う広告ではありません。


    しかし特定の地域に対して密度の濃い広告となります。地域密着型の商店や医院など、とにかく近隣の方の中での知名度を上げたいと思う経営者の方は、ラッピング広告を利用してみる価値があります。新しいキャンペーンの告知や新店舗を作るタイミングなど、効果の高いタイミングも多くあるでしょう。